ここにヘッダー画像の文字を入力できます
ここにサブテキストを入力できます。

時効援用に失敗する原因と対処法をご紹介!

時効援用に失敗してしまう原因と対処法をわかりやすく書いています。長年放置していた借金を時効援用しようと考えていても、失敗してしまう心配がどうしても拭えない方必見!時効援用に失敗する原因と失敗してしまったときの対処法を知って安心して時効を援用しましょう。

借金には民事債権(個人間での借金)と商事債権(営利目的の借金)の2種類がありますが、当サイトでは商事債権に絞って解説をしています。5年以上前の貸金業者からの借り入れやクレジットカードの利用などでできた借金は時効援用をすることで支払い義務をなくすことができるかもしれませんが、失敗してしまうことも。

時効援用に失敗する原因がわかれば失敗を未然に防ぐことができますし、失敗してしまってもその後どう対処すべきかを理解しておけば適切な対応ができます。ぜひ最後までご覧ください!

時効の援用と条件

時効の援用とは「私の借金は時効なのでもう支払いません」という意思表示を債権者にすることを言います。借金は5年経過すれば勝手に消えるものではありません。昔の借金をなくすためには時効の援用をする必要があります。

時効援用ができる条件は、最後の取引の翌日から5年間一度も返済をしておらず、時効の中断(時効期間のリセット)がされていないことです。条件を満たしていないと時効援用できないので注意してください。

時効援用を失敗してしまう原因と失敗例

時効援用のよくある失敗と原因について解説します。時効援用は時効の中断がされることで失敗するケースがほとんどです。時効の中断事由(時効が中断される理由)がわかりづらく、自分の借金の時効は大丈夫か不安ですよね。時効援用の失敗と原因を失敗例とともに見ていきましょう。

失敗例の下に時効の中断事由についても載せてありますので、合わせてご確認ください。

  • 時効期間を勘違いしていた

借金の時効は借りてから一度も返済していない場合は返済期日の翌日から5年、返済をした場合は最終返済日の翌日から5年となっています。返済をするたびに時効期間はズレていきますので注意しましょう。

  • 裁判所から書留が送られてきたが怖くて開けずに放置していた

借金を返済せずに放っておくと、裁判所から支払督促や訴状が送られてくることがあります。支払督促や訴状を何もせずに放っておくと知らぬ間に裁判による判決が出され、時効が中断してしまいます。さらに時効期間は判決が出た翌日から10年に。裁判所から何か送られてきたら、すぐに弁護士や司法書士に相談しましょう。自分の判断で行動すると取り返しのつかないことになってしまうことも。。

  • 「少しでも良いから支払ってくれ」と債権者に言われ、1000円だけ支払いをした

借金の一部を返済してしまうと時効は中断されます。返済をした場合にはその翌日からまた5年経たないと時効援用できません。

  • 債権者からのしつこい催促に負けて「支払いを少し待ってください」「次の給料日に支払います」などと言ってしまった

借金の返済を待つようにお願いすると時効が中断されます。「来週なら返せます」「ボーナスが入ったら払います」などと言うのも時効の中断事由にあてはまってしまいます。

時効の中断事由

時効の中断事由とは時効が中断されてしまう原因のことを指します。債権者は借金の支払いをしてもらうために、あの手この手で時効を中断させようとします。時効の中断事由には3種類ありますが、失敗例で挙げたのが代表的なものですので、ここではカンタンにご紹介します。

請求

裁判上の請求には支払督促の申し立て、和解や調停の申し立て、訴訟があります。ただし債権者から和解や調停(話し合いで解決すること)を申し出てくることはほとんどありません。

失敗例では手元に支払督促や訴状が届いていますが、引っ越して住所が変わっていることを債権者に知らせていない場合、裁判所から何かが届くことはないでしょう。しかし、公示送達という「相手の住所がわからなくても、相手に文書が届いたことにする」方法で訴訟を起こしていることもあるので注意が必要です。

差押え、仮差押え、仮処分

債権者から不動産や給料などの財産を差押え、仮差押え、または仮処分がされた場合時効が中断されます。

債権者が差押えをするには仮執行宣言付支払督促や確定判決などの債務名義が必要になります。債権者が債務名義を取得するためには「請求」の段階を踏む必要があるため、差し押さえの命令などがきたときにはすでに時効が中断されていると考えられます。

承認

借金しているのを債権者に認めてしまうことを指します。失敗例のような一部弁済支払猶予願いが承認にあてはまります。債権者からすると時効を中断させる最もカンタンな方法ですね。しつこい催促の電話もこれが目当てなわけです。

時効援用に失敗したときの対処法

時効援用に失敗したときの対処法をご紹介します。債権者からの請求額は借金の元金+利息+遅延損害金でかなり高くなっていることでしょう。では時効援用に失敗したらどうすればよいのでしょうか。

  • もう一度時効期間が過ぎるのを待ってから時効の援用をする
  • 時効の中断は時効期間がリセットされるだけなので、時効が中断されてからまた5年(裁判で判決が出ている場合は10年)待つことで何回でも時効の援用ができます。ただし、今まで以上に催促が厳しくなることは覚悟しておきましょう。

  • 債務整理をする

債務整理とは借金の返済額を減らしたり、借金すべてをなくすことができる法的な手段です。返済額の減額が見込める任意整理借金の帳消しができる自己破産など、債務整理にはいくつか種類があります。債務整理を考えるのであれば、弁護士や司法書士に相談することであなたに合った債務整理を提案してくれますよ。

時効援用をするうえで知っておきたいこと2つ

時効援用をするうえで知っておくと得する2つのことについて書いていきます。2つのこととは「自分の借金が時効になっているか調べる方法」「時効援用をしたあと、結果はわかるのか」についてです。意外と知られていないこの2つについて、時効援用の失敗とあわせて覚えていってください。

借金が時効になっているか調べる方法

債権者からの請求書や通知書
個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)で情報開示
弁護士や司法書士に相談

債権者からの請求書や通知書には最終返済日が記載されていますが、処分してしまって手元にない場合には信用情報の開示請求をするようにしましょう。ただし、裁判が起こされているかどうかの確認は請求書や信用情報ではできません。時効援用ができる確信を持ちたいのであれば弁護士や司法書士に相談するとよいです。

時効援用をした結果の通知や連絡

時効援用に成功した場合には債権者から通知や連絡はありません。
信用情報の延滞の記載は早ければ1ヶ月程度で消えますが、5年近く残るケースもあります。各情報機関で対応が異なりますので、信用情報で時効援用が成功したかどうかを確認するときには注意してください。

時効援用に失敗した場合は「時効は成立していません」ということが書かれた通知が届きます。

まとめ

時効を援用して借金をなくす行為は法的に認められており、決して悪いことではありません。時効援用に成功することで、催促などに怯えることのない安心した生活を送ることができます。時効援用をして昔の借金とはキッパリお別れして、明るく楽しい暮らしを目指しましょう。